ブログ

トップページ > ブログ

2年に1度の計量器の検査完了 ! !

計量機の検査のために大型がやってきました !

 

私たちの生活の中では、様々なものが内容量や重さによって取引をされていたり、計量した結果を公的に証明したりなど「はかる」ことによって社会や経済が動いています。
そのはかることの正確さを定期的にチェックするため、日本では計量法によって、取引・証明*に使用する検定証印付きのはかり(計量器)は2年に1度、定期的に検査を受ける必要があります。

 

 

 

 

この黒いカタマリが1つで1トン(基準分銅)

 

 
 

 

 

 

 

10トンを何回も積んで計量して、降ろして計量してを繰り返し​誤差20kgが合格となります。

これからも 菅原産業は 正確に計り しっかりと確実・適性な処理をしてまいります。


不用品や産業廃棄物の処分は
「菅原産業」まで!お見積もりは無料です!

お急ぎの場合や不明点は、お気軽にお電話でお問い合わせください。