ブログ

トップページ > ブログ

発泡スチロールのリサイクル

普段ちょっと処理に困る発泡スチロール。

実はリサイクルできるんです!!


  この機械(減容器)に発泡スチロールを砕いて入れます。

 

 

 

 

 

  

 

すると・・・

 

 

固まってこんな棒状のもの(インゴット)が出来上がります。

一つのインゴットの重さは約7〜8キロです。

ちなみに青色のインゴットは青色の発泡スチロールで出来上がったものです。

 

 

発泡スチロールの素材は主にPS(ポリスチレン)です。発泡スチロールは約98%が空気でできています。それを減溶機で約1/100まで減容し、インゴットになります。インゴットは国内、海外のプラスチックメーカーに出荷され、玩具、雑貨類などのプラスチック製品に加工されます。

 

 


不用品や産業廃棄物の処分は
「菅原産業」まで!お見積もりは無料です!

お急ぎの場合や不明点は、お気軽にお電話でお問い合わせください。