ブログ

トップページ > ブログ

現場の声。

暖かくなり、ビン、缶の選別作業も増えてきました。

ビン、缶は袋から出して選別します。
今日はとても危険な事がありました。
缶の袋の中に釣り針が入っていました。
大量の袋を破り、選別している為、小さな釣り針にはなかなか目が届きません。
選別中、手袋に刺さりました。当然、手も怪我をしました。
釣り針は手袋からなかなか外れません。
何気なく袋に入れた釣り針でしょうが、どうしても憤りを感じます。

現場は、想像以上に過酷で危険です。
もっと現場の声を発信していきたいと思います。

 

 
 


再生事業者登録証明書を取得しました。

この度、再生事業者登録証明書を取得しました。

詳しくは認定書をご確認ください。


発泡スチロールのリサイクル

普段ちょっと処理に困る発泡スチロール。

実はリサイクルできるんです!!


  この機械(減容器)に発泡スチロールを砕いて入れます。

 

 

 

 

 

  

 

すると・・・

 

 

固まってこんな棒状のもの(インゴット)が出来上がります。

一つのインゴットの重さは約7〜8キロです。

ちなみに青色のインゴットは青色の発泡スチロールで出来上がったものです。

 

 

発泡スチロールの素材は主にPS(ポリスチレン)です。発泡スチロールは約98%が空気でできています。それを減溶機で約1/100まで減容し、インゴットになります。インゴットは国内、海外のプラスチックメーカーに出荷され、玩具、雑貨類などのプラスチック製品に加工されます。

 

 


ペットボトルリサイクルの流れ

普段、私たちが何気なくしているリサイクル。

 

今回はどのような工程をたどるのか公開します。

まず、搬入されたペットボトルは手作業で袋から出し、ペットボトル以外のゴミが入っていないか確認します。飲み残しのペットボトル、洗剤や油ものの容器がよく混入していますが、残念ながらリサイクルにはなりません。

 

 

 

選別されたペットボトルはコンベアで圧縮機の中に入り、プレスされます。

 

   

 

ひとつのかたまりは縦、横、高さが約1mで重さが約150kgになります。

 

 

このかたまり(べール)がある程度の数が出来上がると、次のリサイクルの段階へ専門の業者に出荷されます。

 

 

菅原産業では、ここまでの段階の作業をしています。

 

この後ペットボトルはフレークやペレットになり繊維(自動車の天井、内装、カーペット、ユニホーム)やシート(卵のパック)などにリサイクルされます。


就労体験実習生受け入れ。

先月、1月20日から31日まで虹の原特別支援学校の生徒さん4名が、

就労体験実習に来てくださいました。

作業内容は、ペットボトルのラベルはがし。

初めての体験に戸惑いながら、一つ一つ丁寧にラベルをはがしていきました。

 

虹の原特別支援学校はご存じの方も多いとは思いますが、自立を目指す知的障害のある子供さんが通う学校です。

今回、来てくださった生徒さんの普段の学校での作業は、洗車、石鹸作りなど、週に2回の作業学習をしているようです。

 

3年間の勉強や作業学習で、社会への自立を目指しています。
会社でも何かのお役に立てばと思い、受け入れを決めました。

現在、菅原産業では2名の知的障害者を雇用しています。
二人はもう立派な社会人として働いています。

今回の生徒さんもいずれは社会に旅立たなければいけません。


いろいろな経験で、得意なものが見つかれば、仕事につながるかもしれません。

2週間の間でとても成長したように感じました。趣味の話など、コミュニケーションもよくでき、
普通の16歳の男の子の印象でした。

 

先日、生徒さんからのお手紙が届きました。

 

この子たちの生き生きとした芽を摘まないように私たちが見守り、自立への道の手助けになるよう、一会社として努力したいと思っております。


生徒の社会への自立を目指して先生方一同、頑張っていらっしゃいます。

ご理解のあるかたはHPをご覧ください。


不用品や産業廃棄物の処分は
「菅原産業」まで!お見積もりは無料です!

お急ぎの場合や不明点は、お気軽にお電話でお問い合わせください。